Top > 盆踊りとは

盆踊りとは


日本全国 夏祭り! 音頭*盆踊り*総踊り

 

盆踊りとは、お盆の時期に催される、夜間の大人数による踊りです。
盆踊りの基本的なスタイルは、広場の中央に建てられたやぐらの上の「音頭とり」が歌う音頭に合わせて、大勢の人たちがやぐらの周りを踊りながら回るというものです。

盆踊りは、通常の踊りとは違い、精霊を迎えたり死者を供養したりといった意味合いを持った仏教行事です。しかしこうした意味合いに加え、娯楽や地域社会の結束といった役割があるのも事実です。

ちなみに盆踊りの起源は、平安時代から鎌倉時代にかけて成立した「念仏踊り」と言われています。

盆踊りで歌われる(流される)音頭の中で特に有名なものの例としては、以下のようなものがあり、地方によっても違いがあります。
・炭坑節
・ソーラン節
・ナニャドヤラ
・デカンショ節
・東京音頭
・ズンドコ節
・河内音頭

こうした盆踊りの音頭は、かつては生演奏でしたが、現代では歌い手や演奏者が少なくなってしまったため、録音されたものを流すケースが多いようです。

 

 主婦の再就職  青色申告・白色申告  足の冷えない不思議な靴下
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
お盆とは(2009年9月12日)
お盆の時期と風習(2009年9月12日)
お盆の由来(2009年9月12日)
お盆は家族旅行(2009年9月12日)
盆踊りとは(2009年9月12日)