Top > お盆の時期と風習

お盆の時期と風習


■キング・ベスト・セレクト・ライブラリー2009 CD 【こども盆踊り ベスト】09/5/13発売

 

お盆とは、本来は祖先の霊を祀る行事。普段は霊の存在などあまり信じていないような人が、お盆にお墓参りなどしているところなどを見ると、現代でも祖先を大切にする心というのは多少生きているのだなあ、と思わされるものです。

お盆の時期は、地方によって様々。旧暦の7月15日であったり、新暦の7月15日であったり、新暦の8月15日であったり、あるいはそれ以外の日であったりします。ただし現代では、新暦の8月15日が主流になりつつあるようです。

お盆の風習についても、地方や宗派によって様々です。しかし多くの家や地方で共通しているのが「迎え火」と「盆踊り」。また、故人の49日法要が終わって最初に迎えるお盆である「初盆」もしくは「新盆」という概念も一般的なもののようですし、お墓参りも恒例の行事となっています。

 

 パソコンについて  マタニティ  花畑牧場
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
お盆とは(2009年9月12日)
お盆の時期と風習(2009年9月12日)
お盆の由来(2009年9月12日)
お盆は家族旅行(2009年9月12日)
盆踊りとは(2009年9月12日)